お家ファイルサーバーの構築

By ftake @ 2020-12-18 01:59

この記事は openSUSE Advent Calendar 18日目です。 残り、あと少しですが、まだ埋まってなく3年連続の完走がピンチ。みなさんご協力下さい。

この内容は小江戸らぐのオフな集まり2月と、オフだけどオンライン開催だった5月の発表内容でもあります。

ことの始まり

この春、ファイルサーバーを組みました。これまで、写真等の大きめのファイルはデスクトップに置いていましたが、タブレットやスマフォを使用しているとデスクトップを起動しないこともあり、アクセスするにはちょっと不便でした。かといってクラウドに上げるには容量が大きいのが現状です。

このとき、電源の故障で引退した、ちょっと古いけどまだ使える一式(Socket FM2 の M/B, AMD A4-5300 APU, DDR3 8 GBメモリ)があったのと、鹿さん から、使わなくなったファイルサーバー用の MiniITX ケースを頂いたので、これでファイルサーバーを組んでみることにしました。

RAID カード調達

HDD は NAS 用のものを適当に買うとして、1度はRAID 5 や 6 で組んでみたい!ということで、RAID カードを探しました。一般のご家庭(誤変換)では、数万円クラスのカードを使っているかと思いますが、この「ありあわせ構成」には不釣り合いです。安く入手する方法としては、ヤフオクなどでサーバーから抜き取ったものを探す手がありますが、あまりに古いと EFI に対応していなかったり、4 KB セクタや 2TB の壁にあたる可能性があります。また、中古品はキャッシュ保護用のバッテリーが死んでいる可能性もあります。

そこで今回は eBay で3世代前の Adaptec ASR-71605 の新古品を買ってみました。キャッシュ保護用のコンデンサ付き、送料込みで 8500円くらいでした。ドライバはカーネルに入っているのですぐに使えます。

意外と高かったのがケーブルでした。Mini SAS HD から SATA ×4にするもので、Amazon で 2500 円くらいでした。

OS インストール

セットアップに困ることはないはずが、openSUSE 15.1 をインストールすると、なぜかディスプレイドライバが固まります。いろいろ試したところ modeset ドライバを ACPI が有効な状態で使うとダメなようです。今回はディスプレイはほとんど使わないので nomodeset を起動オプションに追加することで回避しました。(modeset ドライバだと、コンソールの解像度がディスプレイにあわせて変わるので良いのですが…)

ファイルサーバーの設定

Samba は入れるだけです。とっても簡単ですね。

Btrfs にしてスナップショットを取るようにしました。このあたりはOSCのスライドや Geeko Magazine を見てください。

iSCSI サーバーは4月に書いた別の記事で。

バックアップの設定

重要なディレクトリを選んで USB 接続の HDD に1日に1回、Snapper の最新スナップショットからバックアップを取るようにしました。単純に rsync でコピーを取ります。Btrfs のバックアップといえば、ファイルシステムレベルで差分転送をできる btrfs send があります。しかし、ファイルシステムが壊れてしまった場合に、btrfs send を行うとバックアップも壊れる可能性があるのではないかと考え、今回は使用しませんでした。

タイマーとスクリプトはこのような感じです。タイマーの時間は Snapper の実行中にならないように気をつける必要があります。

backup-to-usb-disk.timer

backup-to-usb-disk.service

backup-to-usb-disk.sh

様子見中

Snapper が走る時(おそらく)に btrfs-cleaner がかなり CPU を使うので、試しに Quota 機能を無効にしています。

おわりに

簡単にではありますが、ファイルサーバーを構築したときのいろいろを紹介しました。このファイルサーバーでは、先日書いた Spotify クライアント も動いています。新たな活用を始めたら記事にしたいと思います。

起動するkubeletのバージョンを上げる

By Syuta Hashimoto @ 2020-12-17 01:00

私はKubicでKubernetesを構築しているのですが、Kuibcをアップデートしてkubeletのバージョンが1.19に上がったはずなのにもかかわらず、kubectl get nodeでずっとバージョンが1.18となっていて悩んでいました。

結論

/etc/sysconfig/kubelet に設定されている KUBELET_VERを、1.18から1.19に変更する

調査

パッケージを確認

まず、パッケージがなんのバージョンが入っているかを確認します。

kubic1-host:~ # zypper se kubelet

S  | Name                          | Summary                   | Type
—+——————————-+—————————+——–
i  | kubernetes-kubelet            | Kubernetes kubelet daemon | package
i  | kubernetes1.17-kubelet        | Kubernetes kubelet daemon | package
  | kubernetes1.17-kubelet-common | Kubernetes kubelet daemon | package
i  | kubernetes1.18-kubelet        | Kubernetes kubelet daemon | package
i  | kubernetes1.18-kubelet-common | Kubernetes kubelet daemon | package
i+ | kubernetes1.19-kubelet        | Kubernetes kubelet daemon | package
  | kubernetes1.19-kubelet-common | Kubernetes kubelet daemon | package
  | kubernetes1.20-kubelet        | Kubernetes kubelet daemon | package
  | kubernetes1.20-kubelet-common | Kubernetes kubelet daemon | package

 どうやら、1.17、1.18、1.19、と、いろいろなバージョンが入ってるようです。

今見たら、1.20も入ってますね。

使ってるバイナリを確認

kubic1-host:~ # type kubelet

kubelet is hashed (/usr/bin/kubelet)

ふむふむ。/usr/bin/kubelet、ですね。

こういう実行ファイルはスクリプトの場合があったりするので、種別を調べてみます。

kubic1-host:~ # file /usr/bin/kubelet
/usr/bin/kubelet: POSIX shell script, ASCII text executable

なるほど、スクリプトっぽいですね。

中身を確認します。

kubic1-host:~ # cat /usr/bin/kubelet
#!/bin/sh
# Loader Script for Multi-Version Kubelet arrangement introduced to openSUSE in March 2020
source /etc/sysconfig/kubelet

if [ -z “$KUBELET_VER” ]       
then
  echo “ERROR: KUBELET_VER= not defined in /etc/sysconfig/kubelet”
  exit 1
else
  /usr/bin/kubelet$KUBELET_VER “$@”
fi

どうやら、/etc/sysconfig/kubeletの値を参照しているようです。こちらを確認してみます。

kubic1-host:~ # cat /etc/sysconfig/kubelet
KUBELET_VER=1.19
KUBELET_EXTRA_ARGS=”–container-runtime=remote –container-runtime-endpoint=unix:///var/run/crio/crio.sock –runtime-request-timeout=15m –c
group-driver=systemd -v=2 –runtime-cgroups=/systemd/system.slice –kubelet-cgroups=/systemd/system.slice”

なるほど、KUBELET_VERが定義されています。nodeのバージョンが低いときは、ここが1.18となっていましたので、それを1.19に更新しました。

それからKubernetesを起動すると、見事バージョンが1.19にあがってました。

今なら1.20に上がる予感・・・・

メーリングリスト

最近忙しいこともあって、なかなかメーリングリストなどの情報源にあたれず・・・もしかしたら、こういったことはとうに情報共有されていたのかもしれません。また、この設定がKubic独自なのか、一般的なのか、といったことも追いきれておらず。追って調査したいと思います。

そもそもの使い方

アップデートで使い続けるのではなく、折を見て最新プリメイドイメージに乗り換えていく運用が今っぽいのかも・・・・・

Geeko Blog » マニュアルのみのRPMファイルを作ってみた で、Sambaの日本語マニュアルパッケージを作成した時に参照したLinuxの日本語マニュアルページですが、2017年12月15日バージョンでした。これは openSUSE 15.0 から変わっていません。ちょっと古いですね。そこで、他のディストリビューションなどと比較して見ることにしました。結果は以下の通りです。なお、各ディストリビューションとも、各種コマンドでパッケージの最新化をして確認するか、配布サイトのパッケージ情報を見ています(※のもの)。

  • CentOS 7 20130615版
  • Debian10 20180315版
  • openSUSE 15.2 20171215版
  • openSUSE Thumbleweed 20191215版(※)
  • Fedora 20200315版(※)
  • Oracle Linux 20130615版(※)
  • Arch Linux なし(※)
  • Gentoo Linux 20180315版(※)

CentOS(=RedHat=Oracle Linux)はちょと古すぎますね。Fedora はやはりというか新しいです。しかし、Thumbleweed も結構新しい方でしょう。とりあえず15.2で使うのであれば、Thumbleweed版を持ってきて入れてしまうと言うのも手かもしれません。rpmファイルの中身はテキストだけなので、バイナリの互換性で引っかかることはないですから。

ちなみに、日本語マニュアルについては、Open Build Service で20201115版を作成し、更新をお願いしておきましたので、そのうちopenSUSE用の最新版が提供されるようになるのではないかと思います。

ただ、ls コマンドのマニュアルを見てみると、openSUSE 15.2 での日本語マニュアルはは GNU Fileutils のバージョンが4.1であると表示されますが、英語版は バージョン8.29 となっています。となると、日本語マニュアルに頼りすぎるのは少々危険かもしれません。

openSUSE Advent Calendar の14日目です。

オンラインイベント続きで Zoom が欠かせない今日この頃ですね。openSUSE 用のクライアントアプリの RPM パッケージは公開されていますが、なぜかリポジトリからの配信ではありません。そのため、アップデートが簡単にできなく不便です。

ということで、1コマンドで更新する小ネタです。単に zypper で URL を指定するだけです。自動更新がよければ、Systemd Timer で定期実行してもいいかもしれませんね。

Samba には日本語マニュアルがあるのにパッケージ化されていません。ですので、日本語マニュアルのtar.gz ファイルを持ってきて展開することになります。このままですと管理が不便なので、RPMファイルを作ってみることにしました。ただ、一から作るのも大変なので、Linuxのコマンド日本語マニュアルのRPMファイルをベースにして作ってみることにしました。

まず、openSUSE 15.2 のSRPMファイルを入手し、rpm コマンドでインストールします。すると ホームディレクトリ配下のrpmbuild/SPECS ファイルにspecファイルが展開されます。これをベースに修正することにしました。…. が単にマニュアルファイルを所定のディレクトリにコピーするだけ、という単純なものかと思いきや、ちょっとしたテクニックが使われていました。

細かなことをやっているのは install セクション。ここでは、既存のディレクトリにインストールしようとするファイルと同じものがある場合、RPMファイルに含めないようにしています。また、複数のパッケージの日本語マニュアルをまとめているため(たとえば sudo とか tcpdump とか)、各パッケージ毎のサブディレクトリがあり、その中にさらにmanのカテゴリ毎(man1とかman8とか)に分けて日本語マニュアルが格納されています。このままではSambaの日本語訳ファイルアーカイブとは合わないため調整しました。そうして各ファイルをインストールする部分は以下のようになりました。

%install
mkdir -p %{buildroot}%{_mandir}/ja
for i in find output/manpages/ -name *.*
do
SUBDIR=man${i##*.}
mkdir -p %{buildroot}%{_mandir}/ja/$SUBDIR
install -m 644 $i %{buildroot}%{_mandir}/ja/$SUBDIR
done

#find の所、バッククォートがうまく入力できないのですが実際にはあります。

Samba日本語マニュアルのアーカイブはmanpages というディレクトリ配下にすべてのカテゴリ(man1からman8まで)が含まれています。そこで、カテゴリ毎に振り分けが必要です。そのため、

  • findでファイル一覧を作って do ループに渡す
  • ${i##*.} で、拡張子のみを抜き出し、振り分け先のディレクトリ名を作る
  • そこにinstall する

という形になります。拡張子のみをどうやって抜き出すかが大変なのですが、bash の変数名の後に ## を付けると、変数展開時に前方一致した部分を削除することが出来るのですね。そこで、ピリオドより前の部分を全部そぎ落としてしまえば、拡張子のみが残るというしくみです。この辺はbashシェル職人じゃないと思いつかないところですね。

後は多少調整して無事RPMファイルを作成できました。これで、openSUSE でも簡単にSamba の日本語マニュアルを参照できます。出来上がったものは
Samba翻訳プロジェクト のダウンロードの所に置いておきました。
….なのですが、openSUSE 15.2のSambaはバージョン4.11.x なので、作成したものとはバージョンが違ってました…. まあだいたいの所は同じですけれど。

参考URL
https://qiita.com/t_nakayama0714/items/80b4c94de43643f4be51
https://qiita.com/mriho/items/b30b3a33e8d2e25e94a8

この記事は openSUSE Advent Calendar 10日目です。

今日は Open Build Service(動画配信ソフトと紛らわしいですが、以下 OBS)をセルフホストする話です。

Open Build Service

ご存知の人も多いかと思いますが、まずは OBS についておさらいしておきたいと思います。OBS は openSUSE で使用しているパッケージの開発のためのシステムです。openSUSE で使用している OBS の Web UI には次のページからアクセスすることができます。
https://build.opensuse.org

OBS が提供する主な機能は以下のとおりです:

  • パッケージソースのバージョン管理
  • Pull request スタイルのパッケージ開発のコラボレーション
  • CI 環境(オンラインビルド、ビルド結果の配信)
    • rpm はもちろん、deb パッケージも扱えます!

OBS のセルフホスト

OBS 自体もオープンソースソフトウェアであり、openSUSE で使うインスタンスを SaaS として使うだけではなく、自身のサーバーにインストールして使うことができます。これにより、会社内で使用するビルドサーバーをローカルに構築することも可能です。

今回は openSUSE Leap 15.2 上にパッケージから OBS をセットアップする方法を紹介します。公式ウェブサイトのダウンロードページの目立つところには(2020年12月現在) 15.1 ベースの ISO イメージからインストールする簡単な方法が書かれていますが、15.1 のサポート期間もそろそろ終わることですし、この方法は今回は使わないことにします。
https://openbuildservice.org/download/

パッケージから OBS をインストール

それでは始めましょう。openSUSE Leap 15.2 はいつものようにセットアップしてください。私が今回実験する上では VirtManager で KVM の VM を作って試しました。

セットアップした後、Web アプリサーバーですので、OBS サーバーにアクセスするときに使用するホスト名の設定をしておいてください。この後の設定スクリプトでがこのホスト名でオレオレ証明書を作ってくれます(設定されていないと止まります)。ちゃんとしたドメインのホスト名でも良いですし、LAN 内の /etc/hosts に設定して回っても OK です。私はルーター (RTX810) の DNS で、LAN 内でのみ有効なホスト名を割り当ててます。

OBS サーバーのパッケージをインストールしましょう。リポジトリを追加して OBS_Server パターンをインストールするだけです。実際は機能ごとにサーバーを分けることもできますが、今回は全部入れてしまいます。

※OBS を構成するサービスについては、ユーザーガイドに解説があります。今回はビルドも含めて一緒に動かします。
https://openbuildservice.org/help/manuals/obs-user-guide/cha.obs.architecture.html

OBS サーバーを起動するために色々設定しましょう。ここでも手を抜いて設定スクリプトを使います。/usr/share/doc/packages/obs-server/README.md に書かれている通り、次のスクリプトを実行して、あとは待つだけです。

OBS アプリケーションの設定

セットアップが終わったら、https://設定したホスト名/ にアクセスしてみましょう。オレオレ証明書の警告は出ると思いますので、続行するか信頼済みの証明書に登録するかはおまかせします。

まずは Admin アカウントでログインしてみてください。初期パスワードは opensuse です。そうすると、いつもの OBS の Web UI に見たことのない管理用のアイコンが並んでいます。(画像はプロジェクトとパッケージをいくつか追加した後の状態)

あとは、ユーザーを追加したり、プロジェクトとパッケージを追加したり、好きなようにできます。1つやっておいたほうがよいことは、openSUSE の OBS との連携設定です。というのも、セットアップした状態では、ビルドターゲットのディストリビューションの定義(パッケージ類)がない状態です。これを1から作る(パッケージをアップロードしたり)のは大変です。そこで、openSUSE の OBS とリンクします。これにより、openSUSE をはじめとしたディストリビューションの定義やパッケージを必要に応じて、自動的に openSUSE の OBS から取ってこられるようにできます。設定自体は簡単で、設定画面から「Interconnect」にあるボタンを1回クリックするだけで終わります。

詳しい情報

ユーザーガイドとアドミニストレータガイドがあるので、見ておくと良いでしょう。 https://openbuildservice.org/help/

Proxmox VE 6.3 が出ています

By ribbon @ 2020-12-08 00:02

仮想環境プラットフォームとしてとても便利なProxmox VEですが、バージョン6.3が出ています。

変更点は https://pve.proxmox.com/wiki/Roadmap#Proxmox_VE_6.3 にありますが、順当に少しずつ機能が強化されてるという所でしょうか。あと今回は、Proxmox Backup Server との統合機能がメインかな。

地味にモダンなインタフェースになっているところもあります。例えば、今までプルダウンメニューで選択していたブート順の指定が、GUIのドラッグ&度ラップで出来るようになっていたりします。

日本語訳については最新版が反映されていないようです(画面ではテスト環境なので最新版になってますが、まだバグがありますね)。

そのほか、クラスタ回りとかストレージ回りで少しずつ改良がされているようです。ただ、openSUSE をゲストOSにしてテストするような場合にはあまり影響はないようです。