« | »

起動するkubeletのバージョンを上げる

By Syuta Hashimoto @ 2020-12-17 01:00

私はKubicでKubernetesを構築しているのですが、Kuibcをアップデートしてkubeletのバージョンが1.19に上がったはずなのにもかかわらず、kubectl get nodeでずっとバージョンが1.18となっていて悩んでいました。

結論

/etc/sysconfig/kubelet に設定されている KUBELET_VERを、1.18から1.19に変更する

調査

パッケージを確認

まず、パッケージがなんのバージョンが入っているかを確認します。

kubic1-host:~ # zypper se kubelet

S  | Name                          | Summary                   | Type
—+——————————-+—————————+——–
i  | kubernetes-kubelet            | Kubernetes kubelet daemon | package
i  | kubernetes1.17-kubelet        | Kubernetes kubelet daemon | package
  | kubernetes1.17-kubelet-common | Kubernetes kubelet daemon | package
i  | kubernetes1.18-kubelet        | Kubernetes kubelet daemon | package
i  | kubernetes1.18-kubelet-common | Kubernetes kubelet daemon | package
i+ | kubernetes1.19-kubelet        | Kubernetes kubelet daemon | package
  | kubernetes1.19-kubelet-common | Kubernetes kubelet daemon | package
  | kubernetes1.20-kubelet        | Kubernetes kubelet daemon | package
  | kubernetes1.20-kubelet-common | Kubernetes kubelet daemon | package

 どうやら、1.17、1.18、1.19、と、いろいろなバージョンが入ってるようです。

今見たら、1.20も入ってますね。

使ってるバイナリを確認

kubic1-host:~ # type kubelet

kubelet is hashed (/usr/bin/kubelet)

ふむふむ。/usr/bin/kubelet、ですね。

こういう実行ファイルはスクリプトの場合があったりするので、種別を調べてみます。

kubic1-host:~ # file /usr/bin/kubelet
/usr/bin/kubelet: POSIX shell script, ASCII text executable

なるほど、スクリプトっぽいですね。

中身を確認します。

kubic1-host:~ # cat /usr/bin/kubelet
#!/bin/sh
# Loader Script for Multi-Version Kubelet arrangement introduced to openSUSE in March 2020
source /etc/sysconfig/kubelet

if [ -z “$KUBELET_VER” ]       
then
  echo “ERROR: KUBELET_VER= not defined in /etc/sysconfig/kubelet”
  exit 1
else
  /usr/bin/kubelet$KUBELET_VER “$@”
fi

どうやら、/etc/sysconfig/kubeletの値を参照しているようです。こちらを確認してみます。

kubic1-host:~ # cat /etc/sysconfig/kubelet
KUBELET_VER=1.19
KUBELET_EXTRA_ARGS=”–container-runtime=remote –container-runtime-endpoint=unix:///var/run/crio/crio.sock –runtime-request-timeout=15m –c
group-driver=systemd -v=2 –runtime-cgroups=/systemd/system.slice –kubelet-cgroups=/systemd/system.slice”

なるほど、KUBELET_VERが定義されています。nodeのバージョンが低いときは、ここが1.18となっていましたので、それを1.19に更新しました。

それからKubernetesを起動すると、見事バージョンが1.19にあがってました。

今なら1.20に上がる予感・・・・

メーリングリスト

最近忙しいこともあって、なかなかメーリングリストなどの情報源にあたれず・・・もしかしたら、こういったことはとうに情報共有されていたのかもしれません。また、この設定がKubic独自なのか、一般的なのか、といったことも追いきれておらず。追って調査したいと思います。

そもそもの使い方

アップデートで使い続けるのではなく、折を見て最新プリメイドイメージに乗り換えていく運用が今っぽいのかも・・・・・

コメント/トラックバック

トラックバックURL:

コメントする

※管理人にのみ公開されます