« | »

Geeko Blog » マニュアルのみのRPMファイルを作ってみた で、Sambaの日本語マニュアルパッケージを作成した時に参照したLinuxの日本語マニュアルページですが、2017年12月15日バージョンでした。これは openSUSE 15.0 から変わっていません。ちょっと古いですね。そこで、他のディストリビューションなどと比較して見ることにしました。結果は以下の通りです。なお、各ディストリビューションとも、各種コマンドでパッケージの最新化をして確認するか、配布サイトのパッケージ情報を見ています(※のもの)。

  • CentOS 7 20130615版
  • Debian10 20180315版
  • openSUSE 15.2 20171215版
  • openSUSE Thumbleweed 20191215版(※)
  • Fedora 20200315版(※)
  • Oracle Linux 20130615版(※)
  • Arch Linux なし(※)
  • Gentoo Linux 20180315版(※)

CentOS(=RedHat=Oracle Linux)はちょと古すぎますね。Fedora はやはりというか新しいです。しかし、Thumbleweed も結構新しい方でしょう。とりあえず15.2で使うのであれば、Thumbleweed版を持ってきて入れてしまうと言うのも手かもしれません。rpmファイルの中身はテキストだけなので、バイナリの互換性で引っかかることはないですから。

ちなみに、日本語マニュアルについては、Open Build Service で20201115版を作成し、更新をお願いしておきましたので、そのうちopenSUSE用の最新版が提供されるようになるのではないかと思います。

ただ、ls コマンドのマニュアルを見てみると、openSUSE 15.2 での日本語マニュアルはは GNU Fileutils のバージョンが4.1であると表示されますが、英語版は バージョン8.29 となっています。となると、日本語マニュアルに頼りすぎるのは少々危険かもしれません。

コメント/トラックバック

トラックバックURL:

コメントする

※管理人にのみ公開されます