UI 向け日本語フォントを考える

By ftake @ 2016-08-20 15:34

Google と Adobe によって開発された Noto Sans フォント(源ノ角フォント)がリリースされ、openSUSE に取り込まれてからだいぶ経ちました。openSUSE では Noto シリーズのフォントに UI フォントを統一しようという流れが出てきています。Noto フォントの魅力は、幅広い言語の文字をサポートしている上に、様々なウェイト(太さ)をサポートしていることです。

一方で、Noto フォントはスマートフォンやタブレットなどの高解像度のディスプレイに合わせて開発されたせいなのか、KDE や GNOME アプリケーションでは、行の高さが大きすぎて、ちょっと微妙なレンダリング結果になるようです。

ここでは、現在の日本語フォント IPA Pゴシック、Noto Sans CJK Regular、Migu 1C Regular を比較してみます。Leap 42.1 に採用されている古い fontconfig はマルチウェイトフォントを正しく検索できないため、M17N リポジトリからの 2.12.0 を使いました。

また、サブピクセルレンダリングの効果を試すため、サブピクセルレンダリングを有効化※し、自分でビルドした FreeType 2.6.5 を使いました。
※特許で保護されているため、openSUSE では無効化されている

ft-view で比較

font-comparison-ft-view

まずは、ft-view によるレンダリングの比較です。上3つが Noto Sans CJK JP のレンダリング結果です。最上段の左と右はサブピクセルレンダリングの有無の比較です。「編」の字の縦棒がサブピクセルレンダリングの効果で分かりやすくなっていますが、劇的には変化はないようです。

Noto Sans の1段目と2段目はヒンティングの有無の比較です。「設」の字が分かりやすいのですが、ヒンティングを有効にすると、各文字が全体的に縦長に見える傾向があります。

3段目は IPA Pゴシックと、Migu 1C のレンダリング結果です。IPA Pゴシックは、他の2つのフォントに比べて、明らかに行の高さが小さくなっています。特に印刷物で使うには、行間が狭すぎることが多いです。一方、UI で使うときは、低解像度のディスプレイに文字を詰め込むために、この行間に慣れているのではないかと思います。

Migu 1C は M+ 1c ベースのフォントで、ひらがな・カタカナの字幅を小さくしたり、濁点・半濁点を大きくし読みやすくしたフォントです。横方向を狭くして詰め込む方法もまた、長らく使われてきた習慣だと思います。一方で、縦方向の行間は比較的広めで、Noto フォントと同じくらいです。

GTK アプリケーションのメニューのレンダリング比較

行の高さはアプリケーションの余白に大きく影響します。次の図は、GNOME の Nautilus で、動画ファイルを右クリックしたときに表示されるメニューの比較です。同じフォントサイズを指定しても、3つのフォントで1行分以上の差が出ます。

font-comparison-gnome-shell

ここで不思議なのが、Noto Sans と Migu 1C が、ft-view では差があまり無かったのにもかかわらず、メニューの高さはだいぶ異なるようです。フォントメトリックスの何かの違いが影響を与えていると思いますので、このあたりは今後調査してみます。

KDE の Kickoff ラウンチャー

最も差が出るのが、昔の KDE のラウンチャーの Kickoff です。Plasma 5 を使用している場合は、メニューのアイコンを右クリックして「Alternatives」から切り替えることができます。

font-comparison-plasma

ここまで差があると、不具合のような気もしますが、Noto Sans では、多くのノートPCの縦解像度 768 px を超えて、800 px ギリギリまで到達してしまいました。(この PC は 800 px あります)

まとめ

openSUSE では、さざなみフォントの後、IPA フォントが長らく使われてきましたが、FreeType との相性が悪い文字・記号や、太字が無いため、どこかで他のフォントに切り替えないといけないと考えています。

Noto Font は強力な候補なのですが、行間問題は様々なアプリケーションに影響がありそうなため、調査と対策が必用そうです。

M+ 系の(Bold がある)フォントも、本家 M+ フォントが10年の歳月をかけてJIS 第1水準を超えており、日本語のフォントという観点では引き続き選択肢となりそうです。

VNCからXDMCP接続画面につなぐ

By ribbon @ 2016-01-11 17:12

昔は、リモートからXを使う場合、手元のマシンにXサーバを入れてつないでいました。LinuxをはじめとするUnix系OSであれば、標準でXが入っているため問題はなかったのですが、Windows OSの場合は、Xサーバソフトを入れないと使えません。Windows用Xサーバソフトは現在も何社から販売されていますが、そこそこな値段がするため(数万以上)おいそれと使うわけにはいきません。そこで、自由に(=無償で)使える、VNCを使って同等の事が出来るようにしてみました。

作業手順については、
https://www.ibm.com/developerworks/jp/opensource/library/os-multiuserloginsvnc/ にほとんどまとまっています。ここに書いてある通りにすれば、間違いなく動きます。

ただ、1つ注意すべき事があります。いくつかあるディスプレイマネージャのうち、LXDEはXDMCPプロトコルに対応していません。ですので、VNCから使おうとしても繋がりません。GDMかKDMに切り換える必要があります。

この方法で、どのような条件でも確実にインストールできるか怪しいですが、本家 wiki にも書いていないので紹介します。依存パッケージが入らないケースがあれば教えてください

  1. openSUSE 用の RPM を Skype のウェブサイトからダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルのあるディレクトリへターミナルで移動し、次のコマンドを実行(ファイル名はダウンロードした実際のファイル名に合わせてください)

openSUSE 13.1 で mikutter を使う

By ftake @ 2013-11-29 13:39

2014/06/03 必要なパッケージを追加

mikutterは ruby で記述されたオープンソースの Twitter クライアントです。

残念ながら、今のところ openSUSE 向けの保守されているパッケージはありませんので、開発元から提供されているアーカイブからインストールする事になります。注意する点は GTK の ruby バインディングをインストールする必要があることです。

まず、ビルドに必要なコンパイラなどの開発ツール一式、依存するライブラリのヘッダファイル類、mikutter が使う notify-send コマンドをインストールします。

次に、ruby-gtk2 をインストールします。ruby-gtk2 は rubygem でインストールします。

ここでは、ホームディレクトリの下に apps/mikutter というディレクトリを作り、そこにインストールします。

mikutter のアーカイブは「ダウンロード」フォルダに保存してあるものとします。ファイル名は実際にダウンロードしたファイルに合わせて下さい。

次のようにして起動できます

2回目以降の起動は、~/apps/mikutter/mikutter.rb へのショートカットを作成するのが良いでしょう。

前の記事 で Dropbox をコンパイルしながらこつこつインストールする
…なんて記事を書きましたが、

んなことせんでも、openSUSE なら1クリックでインストールできるんじゃい!

てわけで、今回はその方法を紹介します(^^)

続きを読む »

久々の投稿(^^;
…な〜に、勢い余ると続かないものですね(笑)。

というわけで、今回は google さんのブラウザ「chrome」をインストールする方法を
「さくっと」紹介しますね!

# え、なんで chrome を使ってるかって?
# それは同期が圧倒的に楽だからに決まってるじゃないですか(^^)

続きを読む »

openSUSEとクラウド 〜Dropbox編〜

By hashimom @ 2011-02-01 22:16

先週に引き続き、今週も「openSUSE でクラウドをやってみよう!」の第2弾です。

先週の記事 では Evernote について紹介しましたが、今週は Dropbox を openSUSE で使う方法を紹介します。

Dropbox は通常 2GB まで使えるオンラインストレージサービスです。Windows はもちろん、Linux や Android でも、ごくフツーにドラッグアンドドロップする感覚で、オンラインストレージ上にファイルを置くことができます。
操作は本当に簡単ですね!

例えば、僕のような「PC何台持っとるんじゃい!?」みたいな人間は、Dropbox を使うとそこにファイルを集約することが出きるので、わざわざ USB メモリなどを使ってファイルを移動するなんていう手間を省くことができます。もちろん文字コードが違うからといって、OS ごとに文字化けするなんてこともありません。いつでもどこでも同じファイルを使うことが出きるのです。

さてさて、それでは openSUSE で Dropbox を使う方法を紹介していきましょう!

続きを読む »