« | »

Noto Sans CJK JPと、Noto Sans JPの違い

By Syuta Hashimoto @ 2019-12-11 22:27

この記事はopenSUSE Advent Calendar 2019の11日目です。

さて、今回は豆知識です。

この間 Cross Distro Developers Campの秋の合宿に参加したのですが(レポートは17日に書きます)、この時に以下の豆知識を教わりました。

Noto Sans CJK JP

C(Chinese)、J(Japanese)、K(Korean)の全てが入っているフォントで、その中でJapaneseを優先的に表示するようになっているのだとか。

Noto Sans JP

JaPaneseのみのフォントが入っている。容量はもちろんCJKよりも小さい。

まとめ

もちろん、アルファベットは両方に入っています。openSUSEではデフォルトでNoto Sans JPが使われているようですね。

合宿では、フォントの形?をグリフと呼ぶ、とか、表示されるフォントの優先順位を決めているfontconfigというユーティリティがあるが、この使い方が難しい、だとか、色々とお話を聴かせて頂きました。また、どちらを使うかがディストリビューションによって違ったりするので、名前が一致しなくて、文書がきちんと表示できない、なんてこともあるとか。

このあたりのお話や情報も、まとめて、正しい知識にしたいと思っています。

なお、22日はftakeさんのフォントに関するお話です。(この記事にミス等あれば、ご指摘して頂けますでしょう)

明日は最近DNSの申し子になっているemaxserさんの記事です。どうぞお楽しみに!

コメント/トラックバック

トラックバックURL:

コメントする

※管理人にのみ公開されます