« | »

OSC Tokyo/Fall 行ってきました

By Syuta Hashimoto @ 2019-12-08 18:47

この記事はopenSUSE Advent Calendar 2019の8日目です。

ftakeさんなどユーザー会の人たちと一緒に、11/23、24に明星大学で開催されたOSC Tokyo/Fall 2019に参加してきました。ftakeさんのレポートはこちらです。

セミナーは川上さんの「最近よく聞く!? ― eBPF (extended Berkeley Packet Filter) を用いた PostgreSQL の性能測定」でした。そこそこ聴衆も集まったようです。eBPF、私も使ってみたい・・・

ということで、私は他に自分のセミナーもなかったので、ブース対応と、セミナーを少し聞いてきました。

ブース

いやぁ、やっぱり特大ぎーこくん、人気者ですね。今回はお子様も多く、特大ぎーこくんは大人気でした。(一部、大人の方にも人気でした)

ブースに来てくださった方に、openSUSE知ってます?と尋ねると、知ってますよー、と返してくださる方が増えた印象です。今回は新ネタもとくになかったこともあり、YaSTやKubicのお話を中心にさせて頂きました。

また、Netpbmの漆畑さんが同じ部屋にブースを出していらっしゃって、行列などの数学の本をお勧めして頂きました。私は体系的に数学を学んでいないにもかかわらず、機械学習やりたいなーとか思っているので、ものすごく助かりました。

セミナー

主に以下のセミナーを聴かせて頂きました。

ストレージもSoftware Definedな時代です。OpenSDS,始めてみませんか。

伊藤さんによる、OpenSDSのセミナーです。OpenSDSは興味を持っていて、私は5月のopenSUSE Conference 2019では、OpenSDSの概要とKubicから使う方法についてセミナー持たせて頂きました。

OpenSDSは名前が「SODA」に変わり、そのローンチイベントを12/17日に日本で行うそうです。参加したいのですが、その日はあいにく・・・

ちなみに、OpenSDSは、Software Defined Storageのソリューションで、簡単に言いますと、ストレージのプロビジョニング、レプリケーション、バックアップなどを行うコントローラーです。それも抽象化されたコントローラーで、実際の動作は各ドライバに委譲しています。各ドライバのための統一インターフェース、といったところでしょうか。Kubic(Kubernetes)からも使えるので、Kubic(Kubernetes)のストレージ利用を柔軟にしてくれます。

コンテナーにてBittorrentメカニズムを使ったデプロイサーバの実行

Clonezillaさんのセッションです。Clonezillaはディスクを複製するソリューションですね。

アプリケーションをコンテナ実行し、Bittorrentを使って配信することで、利用を簡単・効率的にしたとのことです。コンテナにはDockerではなくSingularityを使っているそうで、理由としてSingularityの、権限制御を簡素化したりしてコンテナのアプリを動かすという所にフォーカスした設計をあげていました。また、デプロイにはBittorrentが効率的に配信できてよい、とのことです。

ITエンジニアが誤解している2020年度からの「小学校プログラミング教育」

さくらインターネットさんの前佛さんのセッションです。さくらインターネットさんは地域貢献の一環として、学校でのプログラミング授業の補佐を行っているそうで、現場視点での現状をお話してくださいました。「主役は子供」というフレーズを語る前佛さん、かっこよかったです。

まだIT業界視点、また、学校視点でも、「プログラミング教育」というものに対する誤解や不理解が多いらしく、そのあたりを整理して解説していました。プログラムをかけるようにする、という視点ではなく、プログラムが書けるような思考力を養う、また、問題を解くときにプログラムを利用するような発想ができるようなる、という視点での教育だということを強調していました。

懇親会

初日夜に開かれた懇親会に参加しました。ここでは、おーぷん万葉の(東海道LUGの?日本openSUSEユーザ会の?)橋本雅彦さんやUbuntuの柴田さんと、ibusと橋本さん作のかな漢字変換エンジンをつなぐ部分の仕様詰めなどをさせて頂いたり、さくらインターネットさんの前佛さんとコンテナのことやプログラミング教育のことについて、色々とお話させて頂いたりしました。まさに懇親会、私なりにネットワーキングさせて頂きました。

次回は

OSC Tokyo/Spring 2020は、都内駒沢大学にて、2/21(金)、2/22(土)で開催予定です。日本openSUSEユーザ会も、もちろん出展・セミナー予定ですので、是非そこでお会いしましょう!

さて、Advent Calendarの明日は、ftakeさんによる「openSUSE で M5STACK の開発環境を整える」です。IoTよりのお話ですね。乞うご期待です。

コメント/トラックバック

トラックバックURL:

コメントする

※管理人にのみ公開されます