« | »

前回は Q でしたが、今回は T です。

パッケージ名 tcptraceroute
バージョン tcptraceroute-1.5.beta7-lp152.48.5
動作 ○
詳細
tcp を使った traceroute と同等の機能を実行するツールです。ICMP ではなくて、TCPで特定のポートを叩く形で traceroute 相当の出力を表示します。インストール時にはlibnet9-1.2~rc3-lp152.3.4 も必要となります(自動でインストールされます)。また、Thumbleweed には入っていません。LEAP のみです。
とあるサーバにtraceroute をしてみてもうまく動かなかったのですが、ポート 22 を指定して tcptraceroute を実行したところ、うまく表示できました。

ただ、万能ではないようです。Azure の中にある仮想マシンに、 tcptraceroute をポート 3389 や port 22 で実行してみたのですが、やはり繋がりませんでした。

パッケージ名 tdiff
バージョン tdiff-0.8.5-3.6.x86_64
動作 ◎
詳細
ディレクトリの比較をするコマンドです。diff とは違い、ファイルの差分を取るわけではありません。ディレクトリ中のファイルについて、日付や属性などを比較するためのツールです。たとえば、このような感じになります。

また、-v オプション( -vv,-vvv,-vvvv もあります)を指定すると統計情報を出力します。

そのほかにもオプションが多数あります。数字の0 から 9 までのオプションを指定すると、チェックする項目が徐々に増えていくようになっています。

tdiff は、ファイルの有無や、属性の違いなどを一気に調べるときに便利に使えそうです。

コメント/トラックバック

トラックバックURL:

コメントする

※管理人にのみ公開されます