« | »

前回は G でしたが、今回は B です。

パッケージ名 bats
バージョン bbe-0.2.2-3.5
動作 ◎
詳細
ブロック単位で処理が出来る sed のようなストリームエディタです。sed はあくまでもストリームとして処理しますが、 bbe ではバイト位置やブロック単位での処理が出来ます。
http://bbe-.sourceforge.net/bbe.html#bbe-programs に例がありますが、

echo “The quick brown fox jumps over a lazy dog” | bbe -b “/The/:21” -e “j 4” -e “s/ /X/”

を実行すると

The quickXbrownXfoxXjumps over a lazy dog

と言う結果が得られます。まず、処理ブロックとして “The” という文字列から21文字目までを対象とし、さらに、 “j” から4文字は対象外とし、そののち、空白を大文字の “X” に置き換えるという動作をします。また、

echo “The quick brown fox jumps over a lazy dog” | bbe -b “:5” -e “A XYZ”

は5バイトのブロックを定義し、そのブロックの後に “XYZ” という文字列を付加します。

The qXYZuick XYZbrownXYZ fox XYZjumpsXYZ overXYZ a laXYZzy doXYZg

バイト位置を考えねばならない文字列変換を行うときには便利に使えそうです。

パッケージ名 bing
バージョン
動作 ◎
詳細
2つのポイントの間のスループットを ICMP パケットで調べるツールです。ping の結果を整理して表示するようなイメージです。結果は以下のようになります。
2つの host を指定する意味はあまりないように思えますが、ping の結果を整理(平均を取るなど)しなくてもすむのは便利かもしれません。

コメント/トラックバック

トラックバックURL:

コメントする

※管理人にのみ公開されます