« | »

openSUSE.Asia Summit 2016

By ftake @ 2016-10-15 21:38

9月30日から10月2日までインドネシアの Islam Negeri Sunan Kalijaga 大学(以下 UIN)で開催された openSUSE.Asia Summit 2016 に参加してきました。

スケジュールはこちら:
https://events.opensuse.org/conference/summitasia16/schedule

各発表の動画(12月末時点で途中まで)も公開されています:
https://www.youtube.com/channel/UCFGB0Tsqn45oBfJyfi-tJVg

1-pa020386

会場

010-p9300134

UIN はジョグジャカルタ(Yogyakarta, ジョグジャ)というジャワ島の中部南海岸に位置する都市にあります。ちょうど京都のような立ち位置で、首都と名前が似ていたり、古い王宮や遺跡があったり、大学が多数集まる学生の街です。京都の姉妹都市でもあります。


大きな地図を表示

ジョグジャカルタはある意味 openSUSE の町です。州内の小中学校に導入されている Eラーニングシステムの OS に openSUSE が採用されており、膨大な数の生徒や児童が openSUSE に触れています。

2日目の基調講演では、この Eラーニングシステムプロジェクトの紹介がありました。このプロジェクトは JICA の支援の元、日本の ODA 「ジョグジャカルタ特別州ICT活用教育質向上事業」で進められたものでした。

ジョグジャカルタへは羽田からジャカルタに飛び、国内線に乗り換えです。乗り継ぎ時間を含めて、10時間程度でした。ジャカルタのスカルノハッタ国際空港はちょうど改造中で、色々と混乱中です。乗り継ぎの案内の人がいるのは良いのですが、ついて行ったら外に出られず、 SIM カードと現金を入手しそびれました。現金は町中のコンビニATMでクレジットカードからキャッシングでき、SIMカードは道ばたのお店で simPATI という日本語のブログで見かけるブランドのカードを2 GB で 50k ルピア(400円くらい)で買えました。(現地スタッフの通訳してもらいましたが…)

参加者

総参加者は約500名でした。インドネシアの openSUSE コミュニティは活発で、openSUSE ID の Facebook で主に活動しており、オフラインイベントも開催しているそうです。GNOME や GNU/Linux Bogor (GLiB) コミュニティメンバーも多く見かけました。

参加者の多くは学生でした。今回のようなイベントに出席すると、ワークショップ修了証や参加者証が発行されるユニークなシステムがあります。学生たちはこの修了証が欲しいようです。

今回の Summit は参加費を徴収しています。Tシャツや昼ご飯も提供するので、無料にすると、これらを目的とした参加者が押し寄せるそうです。

BlankOn Linuxで働いているというメンバーも何人かいました。インドネシア発の Linux ディストリビューションで、Manokwari という、GNOMEユーティリティ + HTML5 で構成された独自のデスクトップ環境を使用しているのが特徴です。

0日目: ワークショップ

0日目はワークショップのみを1トラックで行いました。会場の広さの都合上、参加者は抽選で40名が選ばれました。Ceph、openQA、Elasticsearch のワークショップが行われました。

020-p9300165

インドネシアには伝統的なお菓子が色々とあり、コーヒーブレークで提供されました。写真の3色の団子はココナッツの何かが入っています。また、様々なものに青唐辛子が刺さっていたり、添えてあり、唐辛子を少しずつかじりながら、食べるようです。

この唐辛子をぱくっと食べてしまった hatochan は大変なことになりました…。

夜はスピーカーとボランティアスタッフ招待の夕食会でした。町の中心部からかなり離れたお店で、ラムの串焼き専門店でした。このお店、メニューはこれだけ(ご飯 = 「ナシ」と飲み物はある)と、すごいお店ですが、それなりに賑わっていました。

1日目

今年の Asia Summit がすごいのは、参加者数だけではありません。

051-pa010248

お祈り、国歌斉唱から始まり、伝統舞踊の披露、Maroon 5 「Sugar」の替え歌 のバンド演奏など、ちょっとしたイベントが仕込まれていました。

064-pa010292

イベントと言えばTシャツですが、今年はスポンサーの Fans 提供の靴までありました。

SUSE からの基調講演は、マーケティングチームの Dougas DeMaio からで、openSUSE への貢献の仕方について説明しました。Linuxcon Euro で忙しい中、弾丸旅行で来てくれました。「(貢献への)障壁を作っているのは自分自身だ!」とのことです。ぜひ飛び越えてみましょう!


午後は、openSUSE + Moodle で試験のシステムを作った話を聞いた後、Open Build Service のハンズオンを見に行きました。ちょとパッケージを作るには時間が足りなかったようですが、多くの人が実際に手を動かしていました。隣りにいた子が vi の使い方が分からずに困っていたので、助けてあげたりしました。


この後は、面さんと hatochan の発表が続きます。

面さんは脆弱性を管理するための、脆弱性やプラットフォーム記述言語の話でした。

hatochan は昨年からの続きで、USB メモリに入れておいた複数の ISO ファイルから選んでブートする方法でした。


088-pa010356 092-pa010366

夜はスピーカー・スタッフ招待のパーティでした。hatochan は、独特の英語の話し方(出川イングリッシュ!?)と、なんとかインドネシア語を繰り出そうとする姿勢に、現地の若者(女の子)に大人気でした。

2日目

最初に会場を提供して下さった UIN からの基調講演がありました。UIN では、世界一のイスラム学科の大学になることを目指しているそうですが、もう一つの柱として科学技術、特にコンピュータ・サイエンスに注目しているそうです。UIN 在学中の学生や卒業生が多く OSS コミュニティに関わっていて嬉しいと話していました。

この日の午後は私が2件発表しました。1件目は openSUSE への貢献の仕方のちょっとしたチュートリアルでした。


もう1件は来年の openSUSE.Asia Summit の提案です。多くの参加者が大学で日本語を勉強していたり、AKB などの J-POP が歌えたり、コナンが好きだったりと日本の色々なことに興味を持っており、会場はヒートアップしました。新型 iPhone の発表でもやっているのか…というような感じでした。(あれはもっとオーディエンスが多いと思いますが)

会場にいる多くのインドネシアのコミュニティメンバーをグローバルに連れ出せればと思います。


インドネシアのコミュニティ

openSUSE のコミュニティは Facebook 上で運用されています。ML は使い方が分からない人が多いので使っていないそうです。オフ会では Linux の話に限らず、ゲームなどの話もしているようです。

また、インドネシアの昔からの考え方で、助け合いの文化があり、それが OSS コミュニティの活性化につながっているのではないかという話もありました。


写真を見ていても分かると思いますが、女性が多いです。やはり女性の方が少ないのは事実なので、女性の参加者には他の友達も連れてきてもらって参加者を増やしているそうです。中国からの Sunny の発表も含めて、女性の OSS コミュニティでの活躍についての発表がいくつかありました。OSS コミュニティで結婚相手を見つけたり、兄弟や友達を紹介するのはよく行われているそうです。(夫婦、婚約者での参加者も数組)

エクスカーション

163-pa030600 177-pa030646

ジョグジャカルタには仏教の寺院であるボロブドゥール遺跡と、ヒンズー教の寺院のプランバナン寺院群があります。住んでいる人はイスラム教徒なので、ちょっと不思議な感じがします。

4日目には、発表者・スタッフでバスをチャーターしてこれらの2つの遺跡へ。私と hatochan は18時の飛行機でジャカルタへ移動する予定でしたので、プランバナン寺院群まで行って、その後のビーチでの日没は見ずに分かれる予定でした。しかし、ボロブドゥール遺跡からプランバナンへの移動中にバスが故障。インドネシアでは良くあることのようです。結果、プランバナン寺院では30分しか滞在できず、我々のためにローカルメンバーがタクシーを用意して、荷物も移動させて、すぐに空港に向かえるようにしてくれました。

ジャカルタの旅

193-pa040025

帰りはジャカルタに立ち寄り、1泊しました。ジャカルタの開発は進んでおり、古い建物と高層ビルがミックスされています。交通機関も整備中で、観光ガイドには載っていないバス専用線の路線もできていました。

191-pa040015 203-pa040065

鉄道は空港にも行ける地下鉄が建設中です。既存の路線は日本からの中古車両(営団6000系とJR 205系)が配備され、今では郊外からの通勤手段になっているようです。

来年は

openSUSE.Asia Summit 2016 は多くのスタッフに支えられて実現しました。スタッフの裏方レポートが以下のブログで読めますので、ぜひみて下さい。

来年の openSUSE.Asia Summit 2017 は日本で開催しようと考えています。開催にはスタッフや当日のボランティアが必用です。ぜひ、ご協力をお願いします。

コメント/トラックバック

トラックバックURL:

コメントする

※管理人にのみ公開されます