« | »

この記事はopenSUSE Advent Calendar 2019の20日目です。

openSUSEのパッケージ管理はYaSTやzypperなどで行うのですが、パッケージそのものはRPMです。ですので、そのRPMパッケージが含んでいるファイルを一覧表示するなどの、rpmのコマンドを利用することができます。

ここでは、次のことををしてみたいと思います。

  • パッケージに含まれているファイルの一覧を取得する
  • コマンドやファイルがどのパッケージに含まれているかを調べる

(なお、zypperで直接行う方法や、もっとよい方法などがあると思いますので、そういった情報をお持ちの方は是非ご提供ください。)

パッケージに含まれているファイルの一覧を取得する

以下のrpmコマンドで可能です。

$ rpm -ql [パッケージ名]

例:

$ rpm -ql podman

(含まれているファイルのフルパスの一覧)

私は、そのパッケージがどんな設定ファイルを使っているか、また、どこにインストールしているか、などを調べたい時などに使っています。

コマンドやファイルがどのパッケージに含まれているかを調べる

以下のrpmコマンドで可能です。

$ rpm -qf [調べたいファイルやコマンドのフルパス]

例:

$ rpm -qf /usr/bin/podman

podman-1.4.4-lp151.3.6.1.x86_64

ここで、幾つかのコマンドを組み合わせて便利に使ってみましょう。

まず、コマンドのフルパスを取得します。which、typeなどありますが、ここではtypeを使ってみます。

$ type -p podman

/usr/bin/podman

-pオプションで、パス名だけを取得しています。これをrpmコマンドと組み合わせると、次のようになります。

$ rpm -qf $(type -p podman)

podman-1.4.4-lp151.3.6.1.x86_64

これで、rpmのパッケージ名が取得できます。この名前をそのままzypper infoに渡しても識別してくれないので(そんなパッケージは無いと言われてしまうので)、さしあたって、最初の「-(ハイフン)」までの文字を取得してみます。これで「podman」が取得できます。

$ rpm -qf $(type -p podman) | awk -F ‘-‘ ‘{print $1}’

podman

awkはテキストの加工とパターン処理を行ってくれるコマンドです。 -F ‘-‘ で、ハイフンを区切り文字に指定し、 ‘{print $1}’ で、区切られた最初の部分を出力します。

これを、zypper infoに渡せば、zypperでのパッケージ情報を取得できます。

$ zypper info $(rpm -qf $(type -p podman) | awk -F ‘-‘ ‘{print $1}’)

リポジトリのデータを読み込んでいます…

インストール済みのパッケージを読み込んでいます…

パッケージ podman に関する情報:

——————————-

リポジトリ             : openSUSE:Leap:15.1:Update                                             

名前                   : podman                                                                

バージョン             : 1.4.4-lp151.3.6.1                                                     

アーキテクチャ         : x86_64                                                                

ベンダ                 : openSUSE                                                              

インストール後のサイズ : 103.1 MiB                                                             

インストール済み       : はい (y)                                                              

状態                   : 最新                                                                  

ソースパッケージ       : podman-1.4.4-lp151.3.6.1.src                                          

概要                   : Daemon-less container engine for managing containers, pods and images

説明                   :                                                                       

   Podman is a container engine for managing pods, containers, and container

   images.

   It is a standalone tool and it directly manipulates containers without the need

   of a container engine daemon.

   Podman is able to interact with container images create in buildah, cri-o, and

   skopeo, as they all share the same datastore backend.

見事、zypperで情報が取得できました。

見返してみれば、「そもそも、zypper info podmanでよくないか?」と思えますが、コマンド名とパッケージ名が違う場合や、コマンドではなく設定ファイルから情報を引き出したい時などに利用できます。

ただ、間にハイフンが入るパッケージ名では、当然うまく動きませんね・・・typeでパスを取得するためにrootになって、brctlで試してみたのですが、rpmのパッケージ名がbridge-utils-1.6-lp151.2.3.x86_64だったため、ハイフンの前がbridgeとなってしまい、zypper infoで情報を取得できませんでした。まだ改良の余地ありです。

このように、いろいろな方法でrpmコマンドで取得できる情報の活用を試してみて下さい。



コメント/トラックバック

トラックバックURL:

コメントする

※管理人にのみ公開されます