« | »

今日は Windows や Mac でおなじみの商用のアンチウイルスソフト Sophos Antivirus の個人向け無償版のを Leap 42.1 にインストールする方法を紹介します。

まずはダウンロードします。以下の URL からダウンロードできます。
https://www.sophos.com/ja-jp/products/free-tools/sophos-antivirus-for-linux.aspx

ダウンロードまでの間に、氏名とメールアドレスなどを2回求められます。2回目は米国輸出管理法の輸出先の確認のためのようです。職業は「個人利用者」、会社名は「個人」とでもしておけばよいでしょう。

ここからはターミナルで作業です。ファイルを回答してインストーラーを走らせるだけです

ここからはインストーラの指示に従って作業を進めます。まずは使用許諾契約に同意します。Enter キーを押して契約書を表示して、読んだあとに、Yキーで同意します。

ライセンス内容に同意しますか? はい(Y)/いいえ(N) [N]
> y

次にインストール先を求められます。特にこだわりがなければそのままで問題ありませんので、何も入力せずにEnterを押します。なお、インストール先には1GB程度の空き容量が必要なようです。

Sophos Anti-Virus のインストール先を指定してください。 [/opt/sophos-av]
>

アプリケーションからファイルにアクセスしたときに検索を行う、オンアクセス検索を有効にします。

オンアクセス検索を有効にしますか? はい(Y)/いいえ(N) [Y]
>

アップデートのダウンロード元です。そのままでOKです。

オートアップデートの種類を選択してください: ソフォス(s)/自社サーバー(o)/なし(n) [s]
>

今回は無償版を使うので f を入力します。

SAV for Linux の無償バージョン (f) と サポート対応付きバージョン (s) のどちらをインストールしますか? [s]
> f

プロキシは必要に応じて設定してください。

ソフォスからアップデートを行うためにプロキシが必要ですか? はい(Y)/いいえ(N) [N]
>

しばらくすると、インストールが終わります。動いているかを確認するには、savdstatus コマンドを使います。

openSUSE にこの方法でインストールすると、オンアクセス検索を行うために、fanotify とよばれるファイルへのアクセスイベントを捉える仕組みが使われます。現時点では fanotify を使った検索が、NFS と CIFS (Samba) で有効になっていると問題があるようです:
https://www.sophos.com/ja-jp/support/knowledgebase/14377.aspx

対策としては、NFS や CIFS でマウントしたディレクトリを検索対象から除外すれば良いようです。どうやって除外するかというと、savconfig コマンドの ExcludeFilePaths で、除外するファイルまたはディレクトリのパスを指定します。複数のパスを追加したいときは、繰り返しsavconfigを実行します:

除外する範囲は、ファイルシステム名でも指定できるようです。ExcludeFilesystems で除外するファイルシステムを指定します。ファイルシステムの名前は /proc/filesystems に書かれたものを入力すればよいそうです。

コメント/トラックバック

トラックバックURL:

コメントする

※管理人にのみ公開されます